冬をあったかく過ごしたい! 断熱性を高めるカギは「窓」にあり

 

皆さん、こんにちは。町田市を拠点に東京都や神奈川県を中心に関東一円でリフォームやリノベーションを手がける「ぷらすホーム」です。


寒くなったら暖房器具で温めることも大事ですが、その熱を逃がさないことが前提です。

そのために必要なのが「断熱」。いくら室内を温めても、冷たい外気が入ってきたら熱を奪われてしまい、元も子もありません。

断熱にもさまざまな手法がありますが、コストパフォーマンスが高いのが「窓」の断熱。

今回は「窓」の断熱リフォームについて解説します。




■お部屋の断熱性を高めるには?



「断熱」とは、文字通り「熱を断つ」ということ。外からの暑さ・寒さを断ち切って、外気の影響を受けない状態をつくりだすことで、室内の温度を安定させます。


イギリスで発表された住宅の健康安全性の評価システムによると、健康な温度は21℃で、18℃から健康リスクが、16℃以下で深刻なリスクがあらわれるとのこと。

また最近の研究では、「冬場に1℃暖かい家に住むと、脳神経が2歳若くなる」という発表も。寒い家では動脈硬化や高血圧症を発症しやすく、自律神経を乱すなど、寒さが健康に与えるリスクについてさまざまな研究結果が出ています。


さて、断熱リフォームでは断熱材の交換を思い浮かべがちですが、壁を壊すなど大掛かりな工事になってしまいます。また集合住宅ですと規約により、こうした工事が難しいケースもあるでしょう。そこで効果的なのが、熱の出入りの58%を占める「窓」を断熱する方法です。




■おすすめはスタイリッシュなLIXILのサーモスX


参考:LIXIL


窓ごと交換するのなら、LIXILの高性能ハイブリッド窓「サーモスX」がおすすめ。

耐久性・デザイン性に富むアルミと、断熱性と結露に強い樹脂のハイブリッドのサッシにより、断熱性を飛躍的に向上させました。


窓枠もスリムで見た目がスタイリッシュ。窓枠だけでなくガラスの性能も高く、複層ガラス、あるいは軽量のトリプルガラスを用いることで、熱のロスを防ぎます。




■お手軽でコスパもよいLIXILのインプラス


参照:LIXIL


ただし集合住宅の場合、窓は共用部分に該当するため交換できない、というケースもあるでしょう。しかし諦めることはありません。今すでにある窓の内側に、もう1枚高性能の窓をプラスすることで解決できます。


それが同じくLIXILの「インプラス」。内側に窓を1枚取り付けることで、既存の窓との間に空気の層が生まれ、断熱効果をもたらします。


インプラスは工事もかんたん。作業時間も、窓1枚あたり約1時間ですんでしまいます。

また業界初の「ダストバリア仕様」で、静電気の帯電を防止する特殊な樹脂がホコリを寄せ付けません。したがって汚れにくく、お手入れがラクなのも特徴です。空気層による高い遮音性能や、結露のしにくさなど、うれしいメリットがたくさんあります。


さらに、サッシのカラーバリエーションとスタイルも豊富。仕上げは高級感のあるマット調で、光沢をおさえた上品な質感が窓辺の印象をランクアップさせ、インテリアを引き立てます。サッシだけでなく、ガラスも和紙調タイプも選べるなど幅広いラインアップが魅力です。

リフォームするお部屋の条件や、ご予算・雰囲気に合わせて選んでみてくださいね。




■断熱効果で省エネにも! 家計にもやさしい窓断熱


参照:LIXIL


「ぷらすホーム」はどのメーカーの設備にも対応しておりますが、LIXILと契約をしているため、通常よりもリーズナブルにご提供できます。


窓の断熱リフォームをすると、エアコンの効きもよくなり、少ないエネルギーで快適な室温をキープできます。暖房にかけるエネルギーが少なくなるということは、光熱費なども安くなり、お財布にもうれしいということ。もちろん冬だけでなく夏にも効果があり、室内を涼しく保てるだけでなく、インプラスは紫外線防止効果にも優れています。


「ぷらすホーム」は、小さなリフォームから大規模な間取り・設備変更のリノベーションまで幅広く対応しています。ヒアリングを重視し、ご要望とご予算に合わせてプランをつくります。経験に基づく多彩なアイデアがありますので、お気軽にご相談ください。