リフォームとリノベーションの違いとは?

 

皆さん、こんにちは。町田市を拠点に東京都や神奈川県を中心に関東一円でリフォームやリノベーションを手がける「ぷらすホーム」です。


改修を検討しはじめると、「リフォーム」「リノベーション」という二つの用語を目にすることと思います。これらの違いは何なのか、気になられることでしょう。

今回は「リフォーム」「リノベーション」の違いと、工事を依頼する際に気を付けておいた方がよい点についてご紹介いたします。




■新築当時の状態に戻すリフォーム



「リフォーム」と「リノベーション」は、混同されがちな言葉ですが、大きく内容が異なります。

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築当時の状態に戻すことを示します。リフォームの英語の意味をたどれば、「悪い状態からの改良」ということ。老朽化で壊れたり、汚れたりしている部分を直すことを示します。


具体的には、外壁が傷んでひび割れが発生した時に塗装のやり替えで補修をすることや、老朽化したキッチンや水まわり設備を新しいものに交換すること、汚れた壁紙やフローリングを貼り替えるといった工事がリフォームに相当します。




■建物の価値を上げるリノベーション



対して「リノベーション」は、既存の建物に対して規模の大きな改修工事を行うこと。竣工当時よりも、デザイン性や機能性を向上させて新たな価値を与え、暮らしのクオリティを上げることが目的です。


リノベーションの具体例としては、ライフスタイルや住環境の変化にともなった大規模な間取り変更が挙げられます。

お子さんの成長に伴って部屋数を増やしたい、間仕切りを取り払ってゆったりとしたワンルームにしたい、使い勝手の悪い家事動線を改善したい、あるいは趣味室をつくりたいなど。

希望するライフスタイルにあわせて、自由に設計できることが、「リノベーション」の魅力です。また耐震工事や断熱工事を行って性能を高めることも、「リノベーション」と言えるでしょう。




■行うべきはリフォーム? リノベーション?



では、「リフォーム」「リノベーション」どちらを選ぶべきなのか。

それは物件の状況や叶えたいライフスタイルによってさまざまなので、一概には申し上げられません。工事の規模も変わってきますので、まずは専門業者に相談することをおすすめします。


部分的な補修や改修・修繕であればリフォームでよいでしょう。

暮らしやすさを向上させたいのなら、それなりに建物に手を入れることが必要になります。間取りを変えたり、耐震工事・断熱工事になると、内部を一度まっさらの状態にして、工事をする必要があるため、工事期間も数カ月を要します。

加えて、新たな間取りの設計や、新しい設備機器をショールームで見学することなどを考えると、もう少し余裕を見ておいたほうが安全です。




■豊富な実績から最適な工事をご提案します


「リフォーム」「リノベーション」の違いをご説明しましたが、これらは業界の共通認識のようなもので、国の法律によって決められている正式な用語ではありません。

「リフォーム」「リノベーション」どちらをするか決められない場合は、まずは現状のお悩みや、こんな風に変えたい、という希望をお伝えください。


町田市の「ぷらすホーム」は住まいの小さなお困りごとから、フルリノベーションまですべてお引き受けできます。物件も1戸建て、マンション、団地など規模を問わず対応可能です。

お打合せの際は、お時間の許す限り時間をいただいて、お話をした上でライフスタイルに合ったご提案をしております。経験に基づく多彩なアイデアがありますので、リフォームやリノベーションをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。